この夏休み

のんびりTV鑑賞しましたぁ〜

GyaO!が見れたので、映画でも

とラインナップ見てみたら

松山ケンイチ主演かぁ〜、

 コメディっぽいし見てみるか』

とチョイスしたこれ

なんでこんなもの…

観てしまったんだろう…Σ(-∀-;)

よく知らなくて…抜かったぜ……

珍遊記

漫☆画太郎の代表作なんですってね

しょーもなぁー

アホくさー

(笑)

笹野高史さんのばばぁが最高でしたねぇ〜

でも…これではいけない( ―)

こんな鑑賞後に抜けきった気持ちになってて

日常生活に戻れない…(T∀T)

と言うことで、GyaO!が推してた

のぼうの城

1度観たんだけど

凛々しい遊助でも見て癒やされよ〜

運動会系の遊助をここに持ってきたのはナイスチョイス

だったと思う

前見たときは単に、ほ〜遊助がこんな大役かい?!(°ω°)!

男前だし良いよなぁ〜

程度だったんですが、

セリフを発する彼の、その口から出る言葉の端々に

戦国武将の潔さと治部さんの堅苦しさ、

体育会系だけど算盤武将のキチっとさ、

と未熟なお子ちゃま加減が感じれて、

良かったっす(*´`)

のぼうさんの野村萬斎さんは

他の出演者全部を飲み込んでしまってましたねぇ

個性が強い強いw

全てが狂言寄りになってる感じがしましたw

大仰な表現

見た目は優男チックだといつも拝見するのですが

萬斎さんの、観客にそう思わせるその技量が

本当にスゴい!と思うんですよねぇ〜

あまりにも世間離れした感じで、何かおかしくない?

って見始めは思うんですよ

でも、そこに佐藤浩一さんの勇猛でジョークも心底にある様な、男臭ーぃ坂東武士の体現みたいな役者魂が絡んできて、世間に引き戻されて、安定して観てられる

画面に戻るんやよなぁ〜

そう、萬斎さんが存在するだけで、

観劇してる感覚になっちゃうのよ

それを佐藤浩一さんの現実感が

画面なんだよ〜って場に引き戻してくれるw

これは逸作だわ

領民達が長親を慕う気持ちも美しく

こんな集村は素晴らしい

という気持ちにさせられるし

堪能いたしました(*T▽T*)

成田長親とは〜のぼうの城の愉快な主人公 -戦国武将1000記事

https://senjp.com/narita/

あくまでも戦国時代を生きた普通な人物だった様なんですが

そこからこれだけの物語を膨らませる

それが小説家のスゴさなんですよねぇ

和田竜 - Wikipedia

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E7%94%B0%E7%AB%9C

あらら、原作者の和田さん

年下かぁ〜……

いや、この夏休みの一番の収穫でした

のぼうの城

ですよ

別な意味で

松山ケンイチもスゴい…と感心しきりでもありましたが……(笑)